ニート、フリーターの面接字の対応と履歴書記入例

面接時の質疑応答

 

 ニートやフリーターにとって、面接での質疑応答は自分が就職できるかどうかのアピールの場です。その場で聞かれるであろう事はあらかじめ把握し、応答を考えておいた方がその場で慌てずに望めるでしょう。

 

 例えばニートなどには、仕事についていなかった期間について、何をしていたのか必ず質問されます。嘘をついたりせず正直に話して受け入れてくれる会社に就職した方がいいでしょう。自分が何をしたいか考えるいい機会が出来て良かったなど、前向きな回答が好ましいでしょう。

 

とにかく笑顔で元気よく

 

 仕事についていなかった期間が長い人ほど、自分なんてと悲観気味になって暗くなってしまいがちですが、面接時の印象をよくするためにも笑顔で臨みましょう。いくらアピールポイントが自分に見つからなくても、この会社で仕事をしたいという熱意を相手にアピールできれば問題ありません。暗い顔をせず自信過剰位なくらいで臨みましょう。

 

履歴書の志望動機欄

 

 志望動機の記入ほど頭を悩ませる項目はないかと思います。よくありがちな、「御社の社風がよかったから」などはありきたりで、「では、どのように?」と逆に質問されることでしょう。

 

 自分の身近に企業の製品があるのなら、「この商品はいつも購入していて・・」など、自分の身近に起きたエピソードなども交えてアピールしたいものです。以前訪れた時の印象を伝えるなどもよいでしょう。


このページの先頭へ戻る