今後の人生に関わる会社選びに失敗しないために

就職でやりがちな失敗例

 

 就職活動中に良かれと思って選択した会社で、失敗したなと感じる人も実は多いものです。この会社選びで失敗と感じる事が多い一例として、職種がそもそも自分に合わず、興味が持てないという事があります。また、会社の社風や待遇、将来性などに不満を持つこともあります。

 

 また、人間関係での悩みなどもありますね。こうした点は、どうしても面接や見学では分からない事も多いですが、失敗はできるだけ避けたいところです。

 

自分自身の価値観と企業情報を軸にして選択する。

 

 待遇や転勤が無いなどの条件を重視してしまうと、自分自身の軸が無く、やりがいや意欲などは持てません。仕事は全て楽しいことではありませんが、これなら意欲的に取り組めそうだという事が1つはあるはずです。そういった点も含めて、仕事に対する条件など優先順位を書きだしてみましょう。

 

 また、求人情報はほとんど良いことしか書いていません。求人の内容を鵜呑みにせず、その業界が現在どのようなポジションにあるのか?将来性、また、職種についても経験者がいる場合には、直接聞いてみると良いです。

 

 仕事には良い面も悪い面もあって当然なので、どちらも知る事が大切です。悪い面を知った上で、それでも自分はやってみたいと思えるかどうか?が就職する上での覚悟にもなりますので、一度しっかり見極めるようにしましょう。

 

入社前の会社の人間関係は悩むだけムダ

 

 企業や業界によって、どのような人材を欲しがっているのか、また、どのような人材が集まっているのかは推測できる場合もあります。しかし、人間関係などは、一緒に仕事をしてみないと分からないものです。

 

 こればかりは、事前判断が難しいものです。しかし、人間関係を乗り切れるだけのコミュニケーション力も身につけられたらいいですね。

 


このページの先頭へ戻る