フリーターからの就職活動で気になる職歴について

フリーターにしかできない事もある

 

 フリーターをしていた方が、就職活動をする際に履歴書を作成することと思います。この職歴の部分で、面接官に対してアピールすることが出来ずになかなか就職できないという方もいるようです。

 

 また、フリーターをして過ごしていたという点で、面接官も親のスネかじり、ダラダラと過ごしていただろうと誤解している事も多いです。フリーターをしていた理由、また、フリーターをしていた時に経験したことなどを素直にアピールして良いと思います。

 

 時間的な制約、職務に対しての成約がほとんどないフリーターの場合、逆に他の会社員とは違う視点や経験を持っている事もあります。この履歴書の空白部分に対して、卑屈になる事はありません。

 

アルバイト歴もアピールする

 

 アルバイト歴も応募している職種に関連していたり、アルバイトでも長期間務めてそれなりに責任を果たしていた場合などには、十分にアピールすることができます。

 

 しかし、世の中は甘いものではなく、いくら経験があるといってもどうせアルバイト・・という見方をされます。これは、致し方ない部分でもありますが、面接官への伝え方を意識しましょう。

 

アルバイトの経験は生かされないと思うこと

 

 アルバイトでの経験をアピールする際に、経験を生かしたい・・などと言ってはいけません。アルバイトの経験を生かせるとは思っていませんが・・経験は浅いですが・・・という謙虚な姿勢から切り出し、今後の目標としてアピールしましょう。

 


このページの先頭へ戻る