大学中退者が就職活動に利用できるものとは

学歴欄について

 

 大学中退者が履歴書を書くとき、最初に迷ってしまうのが学歴欄です。高卒までに留めておくのか大学名を書いて中退したことまで記すのか、どちらにすべきか迷ってしまうこともあるでしょう。

 

 大学中退者が学歴欄を埋めるときは原則として大学名と中退した事実まで書くことが基本です。面接まで進めばいずれ大学に通っていたことや中退したことを必ず話すことになります。わざわざ面接官が学歴について尋ねる手間をかけさせないためにも、学歴欄は大学を中退したところまで書いておきましょう。

 

大学中退者でも使えるものは意外とある

 

 学歴欄に書こうかどうか迷うなど大学は卒業しなければ意味がないと考えてしまう方もおられますが、大学に通っていたことは確かな事実であり、就職活動に利用できるものも意外と多くあります。卒業単位を満たしていなくても取得した単位はきちんと記録されていますから、成績証明書を発行してもらうことができます。多くの単位を取得していたのであれば、学業の証拠として応募書類に添付したり面接に持参して提出することができます。

 

 またゼミなどに参加しており教授の指導を受けた経験があるならば、訪ねて行って推薦状を書いてもらうことも可能です。就職の相談をしながらそれとなく頼んでみれば、快く書いてくれる先生も多いでしょう。


このページの先頭へ戻る